競馬予想口コミをするときには血筋も見る

競馬を始めて約30年。本命を信じるのが一番です。

近くに競馬場があり、親も競馬好きという環境の下で育ちました。

幼少の頃の想い出も競馬場ばかりです。

影響を受けないはずが無いですよね。

当然のように競馬好きな大人に仕上がってしまいました。

そう考えると、ある意味私自身がサラブレッドなのかもしれません。

そんな長い競馬暦の中で、私が実践してきた方法です。

私のスタイルは、1レースから最終レースまで通しでやるということです。

ですので、メインレースだけなんて方には全然参考にはならないかもしれません。

いや待て。

全レースやるという方にも参考になるかどうかは謎です。

真似をして外れても責任は持てませんので悪しからず。

お金を賭けている以上は、皆さん当てるつもりでやっていると思うんです。

それは当然です。

当然なんですが、良く考えてみてください。

1日12レースもやれば、全部当てるなんてことは、まず無理なんです。

それなのに、そのレースそのレースで「よし当ててやろうと!」息巻いて、あれもこれもと気が付いたら10点も20点も買ってませんか?

掛け金は決まっているのに点数が多くなると、1点あたりの掛け金は安くなりますよね。

当たってもトリガミなんてこともありますよね。

それでも当たればいいですが、外れたら何も残らない。

そしてまた次のレースも同じような買い方になりますよね。

これ、悪循環だと思うんです。

私も、始めの頃はそうでした。

でも、それじゃ勝てないと気付いたのは最近です。

そして私なりに行き着いたところは、「本命を信じる」ということでした。

当たっても外れても自分で決めた本命と心中です。

そうすることによって、馬券も絞られます。

私は、基本的に馬連しか買いませんが、本命から3点流すのみです。

あっちが来るかも、こっちも怪しいなどと、流しの軸が2頭も3頭もいた買い方とはオサラバしました。

その分、1点が厚く買えます。

当たればそれだけのリターンもあります。

20点も買って外れたら、「こんなに買ったのに!」とショックですが、3点だけなら、信じた馬がこなかっただけと不思議と諦めもつくんです。

外れることを受け入れることが大事だと思うんです。

この買い方をするようになってから、まあ、配当にもよりますが、ほとんどの場合は12レース中、2レース当たれば収支はトントンになるようになりました。

それ以上当たればムフフです。

今までだと後半のレースは負けを取り戻すためのレースになってましたが、そういうプレッシャーはなくなりましたね。

たまに全レース外れなんてこともやらかしますが、年間の収支としては落ち着いてきています。

ただただ買いたいだけ買ってた頃とは雲泥の差です。